足柄下郡箱根町をエグル!
足柄下郡箱根町をエグル!

足柄下郡箱根町の温泉

足柄下郡箱根町の箱根七湯@足柄下郡箱根町をエグル!

足柄下郡箱根町の箱根七湯

いつもコメント・トラバ・相互リンク・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。



江戸時代「東海道五十三次」のルート上にある唯一の温泉地として

その名をほしいままにした「箱根」。

江戸時代はこの温泉場を総称して「箱根七湯」と呼ばれていました。

ここでは、日帰り入浴ができる、

歴史と伝統ある「箱根七湯」を中心にご紹介します。

『七湯の枝折』(ななとうのしおり)には、次のように書かれています。

1.湯本 冷湯にして気味なし

2.塔之沢 温湯にして気味かろし

3.堂が島 (記載なし)

4.宮ノ下 温湯にして気味しほはゆし

5.底倉 気味至而鹹し熱湯なり

6.木賀 温湯にして気味鹹し又酸みあり

7.芦之湯 達磨湯 冷湯にして気味酸し

『七湯の枝折』とは、江戸時代の文化八年(1811)に

文窓、弄花という二人の人物によって著された巻子本で、

十巻十軸よりなっています。

多くの写本が伝わっています。

現在は、重要文化財に指定され、箱根町立郷土資料館に保管されています。

引用元=>「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書(24)

引用元=>東海道五十三次/箱根宿/温泉
http://www.u-kanagawa.gr.jp/tokaido/hakone/hakone_asobu/hakone_onsen/hakone_onsen.html

■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。