足柄下郡箱根町をエグル!
足柄下郡箱根町をエグル!

足柄下郡箱根町の温泉

足柄下郡箱根町の箱根二十湯−二の平

足柄下郡箱根町の箱根二十湯二の平

いつもコメント・トラバ・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。


足柄下郡箱根町の箱根二十湯二の平

二の平の歴史★

ボーリングによる温泉開発は昭和38年に始まりました。
深さ300メートルで温泉の湧出をみました。

最初に利用されたのが、
二の平ほぼ中央に位置する共同浴場の「亀の湯」。

泉質は、単純温泉、ナトリウム−塩化物泉、
ナトリウム−塩化物泉・炭酸水素塩泉などです。

昭和46年、彫刻の森美術館開館。
昭和59年、ピカソ館開設。

二の平の標高★
標高100メートルです。

★参考文献★

「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書

二の平の旅館やホテル★

二の平の旅館やホテルは、14年前には1軒。
彫刻の森美術館を訪れる人で大変にぎわっています。

主な旅館やホテルを3軒収録しました。

1.二ノ平温泉 亀の湯

2.B&Bパンシオン箱根

3.天然温泉 山栄荘


引用元=>「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書(24)

引用元=>東海道五十三次/箱根宿/温泉
http://www.u-kanagawa.gr.jp/tokaido/hakone/hakone_asobu/hakone_onsen/hakone_onsen.html


■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪

足柄下郡箱根町の温泉

足柄下郡箱根町の箱根二十湯−小涌谷

足柄下郡箱根町の箱根二十湯小涌谷

いつもコメント・トラバ・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。



足柄下郡箱根町の箱根二十湯小涌谷

小涌谷の歴史★

明治10年代後半、
小涌谷噴気地帯からの引き湯で始まりました。

当時は、旅館が三河屋のほかに1軒だけで、
大正時代になると財閥などの別荘が
次々と建てられていきました。

小涌谷が日本を代表する温泉地に発展したのは、
戦後この地に小涌園を開業した

小川栄一氏の強烈な個性と先見性に負うところが
大きいと言われています。

小涌園開設当初は沸かし湯での営業でしたが、
昭和24年、当時は温泉が出ないと言われていた小涌谷で、
小川氏はボーリングを試みました。

深さ74メートルで噴出したのは、温泉ではなく、
火山性水蒸気でした。

この安価な火山性水蒸気エネルギーを効果的に利用し、
小涌園は今日のような温泉施設を擁するまでに発展しました。

この間に小涌園が掘削した温泉井や蒸気井は
33本に達しました。

泉質は、ナトリウム−塩化物泉などです。

小涌谷の標高★
標高610メートルです。

小涌谷の年中行事★
5月の蓬莱園のつつじ祭り。

★参考文献★

「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書

小涌谷の旅館やホテル★

小涌谷の旅館やホテルは、14年前には7軒。

やっぱり、代表は小涌園、三河屋さんですが、
主な旅館やホテルを7軒収録しました。

1.箱根小涌園 ユネッサン

2.箱根ホテル小涌園

3.箱根小涌園ニューペガサスイン

4.金型はこね荘

5.小涌谷温泉 三河屋旅館

6.箱根小涌谷温泉 水の音

7.源泉の宿 千條旅館


引用元=>「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書(24)

引用元=>東海道五十三次/箱根宿/温泉
http://www.u-kanagawa.gr.jp/tokaido/hakone/hakone_asobu/hakone_onsen/hakone_onsen.html


■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪

足柄下郡箱根町の温泉

足柄下郡箱根町の箱根二十湯−大平台

足柄下郡箱根町の箱根二十湯大平台

いつもコメント・トラバ・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。



足柄下郡箱根町の箱根二十湯大平台

大平台の歴史★

昭和26年に宮ノ下温泉からの引き湯で、
開かれました。
宮ノ下の源泉は
大平台地区の112人の共同出資で
資金を集めて掘削されました。

掘削深度63メートル、
当初の温泉湧出量は、毎分422リットル。

昭和37年に大平台地区内の早川河床で
温泉掘削が始められ、
昭和38年に深さ700メートルで
温泉の湧出を見ました。
(この深さでは、昔の上総堀では、
無理ですね。)

現在は、源泉数7

泉質は、アルカリ性単純温泉、ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉などです。

大平台の標高★
標高330メートルです。

大平台の特徴★
箱根登山鉄道はスイッチバック方式で
塔ノ沢から上りますが、
大平台は、二つ目の折り返し点です。
また、浅間山の登山口です。
共同浴場の近くに
「姫の水」が湧いているはずですが?
年中行事は、8月上旬の大平台夏祭り

★参考文献★

「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書

大平台の旅館やホテル★

大平台の旅館やホテルは、14年前には19軒。

主な旅館やホテルを9軒収録しました。

1.★大平台温泉姫之湯

2.大平台温泉 たきい旅館

3.箱根大平台温泉 山水荘

4.大平台温泉 HAKONE 旅の宿 海本

5.大平台温泉 いしゐ旅館

6.大平台温泉 箱根あんじゅ 山紫苑

7.大平台温泉 たまき(玉木荘)

8.大平台温泉 源泉の宿 はこね翠苑

9.大平台温泉 箱根大平台 清山荘


引用元=>「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書(24)

引用元=>東海道五十三次/箱根宿/温泉
http://www.u-kanagawa.gr.jp/tokaido/hakone/hakone_asobu/hakone_onsen/hakone_onsen.html


■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪

足柄下郡箱根町の温泉

足柄下郡箱根町の箱根七湯−芦之湯@足柄下郡箱根町をエグル!

足柄下郡箱根町の箱根七湯芦之湯

いつもコメント・トラバ・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。



芦之湯の歴史★

鎌倉時代の弘安3年(1280)に、すでに信仰の湯治場として利用されていた記録が残されています。

この辺りはかつて沼沢地でしたが、寛文2年(1662)勝間田清左衛門が干拓して、この温泉場の基礎を作ったといわれています。
弁財天を祀る阿字ヶ池は湿原の名残です。

自然湧泉の泉質は、硫化水素含有量の多い中性の単純硫黄泉(硫化水素型)です。
温度は、40度です。

昭和34年に温泉試掘に成功しました。
泉質は、含硫黄−カルシウム−硫酸塩泉(硫化水素型)です。温度は、65度です。

芦之湯の標高★
標高850メートルです。

芦之湯の年中行事★
特になし

★参考文献★

「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書

芦之湯の旅館やホテル★

芦之湯の旅館やホテルは、14年前には3軒。

2軒、収録しました。

1.芦ノ湯温泉 美肌の湯きのくにや 遊仙観

2.箱根芦の湯 松坂屋本店

引用元=>「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書(24)

引用元=>東海道五十三次/箱根宿/温泉
http://www.u-kanagawa.gr.jp/tokaido/hakone/hakone_asobu/hakone_onsen/hakone_onsen.html


■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪

足柄下郡箱根町の温泉

足柄下郡箱根町の箱根七湯−木賀@足柄下郡箱根町をエグル!

足柄下郡箱根町の箱根七湯木賀

いつもコメント・トラバ・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。



木賀の歴史★

鎌倉幕府を開いた源頼朝の家来の木賀善司吉成が
病気にかかったとき、
老僧の導きで温泉を発見して温泉につかると
7日で全快したという話が伝わっています。

江戸時代には子宝の湯としても知られています。

また、献上湯として樽につめて江戸城に
運ばれたこともあります。

泉質は、単純温泉、ナトリウム−塩化物泉、
ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉です。

木賀の標高★
標高440メートルです。

木賀の年中行事★
特になし

★参考文献★

「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書

木賀の旅館やホテル★

木賀の旅館やホテルは、14年前には1軒。

2軒、収録しました。

1.箱根 清寂苑

2.KKR 宮の下

引用元=>「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書(24)

引用元=>東海道五十三次/箱根宿/温泉
http://www.u-kanagawa.gr.jp/tokaido/hakone/hakone_asobu/hakone_onsen/hakone_onsen.html


■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。