足柄下郡箱根町をエグル!
足柄下郡箱根町をエグル!

足柄下郡箱根町の温泉

足柄下郡箱根町の箱根二十湯−小涌谷

足柄下郡箱根町の箱根二十湯小涌谷

いつもコメント・トラバ・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。



足柄下郡箱根町の箱根二十湯小涌谷

小涌谷の歴史★

明治10年代後半、
小涌谷噴気地帯からの引き湯で始まりました。

当時は、旅館が三河屋のほかに1軒だけで、
大正時代になると財閥などの別荘が
次々と建てられていきました。

小涌谷が日本を代表する温泉地に発展したのは、
戦後この地に小涌園を開業した

小川栄一氏の強烈な個性と先見性に負うところが
大きいと言われています。

小涌園開設当初は沸かし湯での営業でしたが、
昭和24年、当時は温泉が出ないと言われていた小涌谷で、
小川氏はボーリングを試みました。

深さ74メートルで噴出したのは、温泉ではなく、
火山性水蒸気でした。

この安価な火山性水蒸気エネルギーを効果的に利用し、
小涌園は今日のような温泉施設を擁するまでに発展しました。

この間に小涌園が掘削した温泉井や蒸気井は
33本に達しました。

泉質は、ナトリウム−塩化物泉などです。

小涌谷の標高★
標高610メートルです。

小涌谷の年中行事★
5月の蓬莱園のつつじ祭り。

★参考文献★

「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書

小涌谷の旅館やホテル★

小涌谷の旅館やホテルは、14年前には7軒。

やっぱり、代表は小涌園、三河屋さんですが、
主な旅館やホテルを7軒収録しました。

1.箱根小涌園 ユネッサン

2.箱根ホテル小涌園

3.箱根小涌園ニューペガサスイン

4.金型はこね荘

5.小涌谷温泉 三河屋旅館

6.箱根小涌谷温泉 水の音

7.源泉の宿 千條旅館


引用元=>「箱根二十湯−やさしい温泉入門−」箱根叢書(24)

引用元=>東海道五十三次/箱根宿/温泉
http://www.u-kanagawa.gr.jp/tokaido/hakone/hakone_asobu/hakone_onsen/hakone_onsen.html


■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪

この記事へのコメント
はじめまして、
TBありがとうございました。

こちらのブログの方が情報がいっぱいですね!
私も記事上げ頑張ろうっと!

また、こちらからもTBさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
応援ポチッ!
箱根日帰り温泉めぐり@箱根温泉観光ガイド at 2007年05月03日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。