足柄下郡箱根町をエグル!
足柄下郡箱根町をエグル!

足柄下郡箱根町の名所旧跡

足柄下郡箱根町の名所旧跡−ケンペルさん@足柄下郡箱根町をエグル!

箱根を訪れた外国人をご存知でしょうか?

いつもコメント・トラバ・相互リンク・ランキングへ応援有難うございます。
足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。


箱根を訪れた外国人は、結構、たくさん、おられると思います。

江戸時代、鎖国の最中に、箱根を訪れて、

箱根を世界に紹介した外国人がおられます。

わたしは、そういう人がいらっしゃるとは、全然、思いませんでした。

鎖国ですから、外国人が箱根へ来るなど、

思いも寄りませんでした。

ところが、箱根杉並木のところに

ケンペルさんとバーニーさんの碑があります。

調べたところ、1690年元禄3年です、来られたのが。

驚きましたね。

せいぜい黒船からだと思っていましたから。

そして、箱根のことなら何でも分かる百科事典を作ろうと、

神奈川新聞社が約10年前に企画した箱根叢書に記載していることを見つけました。

ケンペルさんは、ご存知ですか?

いや、勉強熱心な人です。

ケンペルはドイツのレムゴで生まれました。

ドイツのレムゴという町は、ハーメルンの隣町です。

ハーメルンはご存知ですか?

ハーメルンの笛吹き男」の童話で世界的に有名な町です。

ケンペルのお父さんは牧師さんでした。

ケンペルはレムゴのラテン語学校で勉強しました。

これだけでも、すごい、ラテン語のむつかしさは有名ですから。

ケンペルは、ラテン語学校の後、

ハーメルンのギムナジウム(日本の中学校と高校をあわせた感じ)休暇中にオランダに旅行し、これがやがての大旅行への情熱をかきたてることになりました。

リューネブルグのギムナジウムでは、ケッテンバイル学長から歴史と哲学を学びました。
それだけではありません。

リューベックのギムナジウム 1670年
ダンチヒのギムナジウム 1672年 21歳 哲学、古典語、近代語、外国語を学びました。

さらに、
クラカウ 1674年 医学、哲学、スウェーデン語、ロシア語、ポーランド語などを習得し、多くの国の歴史を調べて修士の資格を取得しました。

その後も、ダンチヒやケーニヒスベルグで 医学、薬学、博物学を研修しました。
さらにさらに、スウェーデンのウプサラ大学に学んで、朋友関係を広げました。

どうでしょうか?
今ですと、博士号を取得するくらいのペースで学びを続けていますね。
それも日本まで来るという大旅行への情熱が元だと思います。

詳しい話は、こちらをご参照ください。
↓↓↓↓↓
エンゲルベルト・ケンペル - Wikipedia

と思ってみたら、あまり、詳しく書いていませんね。

箱根で記念碑になり、毎年、ケンペル祭があるような方ですから、
たいへん、貢献された方です。

ここでは、全部を書ききれませんので、こちらをご覧下さい。
↓↓↓↓↓
かなしんブックス(34)〈箱根叢書18〉

バーニーさんも有名な方ですから、また、別にご紹介します。

どうぞ、箱根に行かれるようでしたら、
杉並木のところで、記念碑をご覧下さい。

■おわりのごあいさつ

いかがですか、お役に立ちましたでしょうか?

役に立ったと思われる方は、

人気blogランキングへ応援よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

では、またのご訪問をお待ちしております。


♪♪♪行ってみましょう、箱根町♪♪♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38153219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。